有る事、無い事、徒然なるままに妄想して書いてます。ご利用の際は、軽重を問わず自己責任で宜しく。 テーマ:直接民主主義とかどーよ?

3.11:脱&反原発運動:参加者の逮捕、起訴:関電本社前:大飯原発正面ゲート

[ 2012/10/31 19:49 ] 報道・文化 3.11 | TB(-) | CM(0)
関電本社前での逮捕、起訴の件で最近RTの多いものを見てみた。

ツイート:/*反原発活動に参加し、転び公妨で天満署に逮捕されると『中核派活動家』と名付けられるのか。無茶苦茶やな。ちなみに、中核派活動家が起訴されたと報じてるのは現時点で産經だけのようだ。反原発=過激派というレッテル貼りに必死な産經。さすが、原子力村のチラシだ。*/

ツイート:/*中核派活動家を起訴、脱原発運動で警官倒し骨折させる(報道の変化urx.nu/2lUH警察官を負傷させ→警察官に暴行し怪我urx.nu/2lUJ転倒させ軽傷→引き倒し打撲+現行犯逮捕しようとした同署の警部を押し倒し骨折。有罪率99.9%の一審へ*/

ツイート:/*産経の記事は、本当に頭にくる。警官が転び公房という犯罪を犯したのに、倒された人を中核派呼ばわりするなんて「バカ」としか言い様がない!(怒り):::中核派活動家を起訴、脱原発運動で警官倒し骨折させる 大阪地検 - MSN産経ニュース sankei.jp.msn.com/west/west_affa…*/

で、話題の産経の記事がこれのようだ。

中核派活動家を起訴、脱原発運動で警官倒し骨折させる 大阪地検(2012.10.26 19:30 産経)
 大阪地検は26日、脱原発運動で警戒中の警察官に暴行しけがを負わせたとして、公務執行妨害と傷害の罪で兵庫県尼崎市の中核派活動家の男(48)を起訴した。

 大阪府警警備部によると、男は5日夜、大阪市北区の関西電力本店前で実施されていた脱原発運動に参加中だった。「私服の警官に肩をつかまれ一緒に転倒した」と否認していた。

 起訴状によると、5日午後7時10分ごろ、北区の路上で、天満署の警部補を引き倒し打撲を負わせた上、現行犯逮捕しようとした同署の警部を押し倒し骨折させたとしている。


まあ、ツイートを見た感じでは、「中核も駄目だが、中核の名前を使って、運動を分断しようとする産経の記事は、もっと駄目」と言うカンジで。健全。

あ、俺的には右も左も関係ないので、あしからず。

しかし、いつの間に骨折になったんだ?

あと、このRTも多い。

ツイート:/*大飯原発正面ゲート封鎖の現場を切り開いた川崎二男さんが10月10日起訴されました。/『原発再稼働反対監視テント 10.11 声明』 このページから拡散に協力を→ oi55.blog.fc2.com/blog-entry-93.…*/

リンク:『原発再稼働反対監視テント 10.11 声明







関連記事

3.11:原発:韓国:月城原発1号機がまた故障…今年4回目

[ 2012/10/31 18:18 ] 報道・文化 3.11 | TB(-) | CM(0)
韓国・月城原発1号機がまた故障…今年4回目(2012年10月30日09時10分 中央日報日本語版)
今年11月に設計寿命が終わる慶尚北道慶州の月城原発1号機の発電が停止した。

韓国水力原子力(韓水原)月城原子力本部は「29日午後9時39分、月城1号機が正常運転中、タービン停止信号によって発電が停止した」と明らかにした。月城原発側は「現在、月城1号機の原子炉は安全な状態を維持している」とし「原因を詳細に確認中」と明らかにした。

月城1号機が故障したのは今年に入って4回目。今年1月には原子炉冷却材ポンプの故障で、7月には電圧調節装置のエラーで発電機が停止した。9月16日には変圧器の故障で作動が止まった。

月城1号機は出力規模67万9000キロワット級で、1983年4月に商業運転を始めた老朽原発。今年11月20日に設計寿命30年を満たす。国内の原発は設計寿命が終われば、原子力安全委員会の審査を経て、10年ずつ運営期間を延長できる。

韓水原は月城1号機の10年延長運転を推進してきた。しかし環境団体と地域住民はこれに反対し、原発の閉鎖を要求している。

10月に入って故障で発電が停止した原発はこれで4基となった。今月2日には霊光5号機と新古里1号機が故障した。新古里1号機は14日に再稼働したが、霊光5号機は13日に再稼働してから2日後にまた異常が発生し、24日に停止した。蔚珍2号機は28日、タービン制御系統の異常で発電が自動停止した。


月城原発の稼働停止、原因は操作ミス(2012/10/31 09:44 朝鮮日報日本語版)
 今月29日、月城原子力発電所1号機で稼働が停止した原因は、作業員の操作ミスだったことが分かった。

 韓国水力原子力(以下、韓水原)=韓国電力公社の子会社=は30日「運転担当者が遮断装置を誤って操作したため、一部の機器の電源が入らず、冷却水系統に異常が発生し、発電機が止まった」と発表した。韓水原の関係者は「自主的な調査の結果、本来作業を行わなければならない配属8年目の職員が、2年目の部下に作業を任せ、指示を誤って理解した部下が違うスイッチを作動させたことが分かった」と説明した。

 今年2月、古里原発1号機で発生した大規模な停電事故と同じような事態が再び起こったことになる。古里原発の事故当時も、不慣れな協力会社の社員が作業の手順を無視し、遮断装置を作動させたため、12分にわたって停電した。10年以上の経験がある技術者2人が行う作業を、テストとして6年目の技術者に行わせたため、問題が発生したのだ。

まあ、原発に関する事故原因の真偽は疑わしい。

【社説】繰り返される原発の故障、全面的な安全点検が必要=韓国(2012年10月31日15時43分 中央日報日本語版)
月城原発1号機がまた故障した。 今年に入ってすでに3度目だ。 前日の28日には蔚珍2号機の稼働が中断した。 2日間に原発の故障が2件もあったのだ。 今年1-10月に発生した原発の故障はすでに9件。 2011年の7件、2010年の2件に比べて大きく増えている。 もちろん当局は軽微な故障だと説明するこれを全的に信じるとしても故障が頻発していること自体が深刻な問題だ国民の不安感が高まるからだ。 そうでなくとも、韓国水力原子力は部品納品関連の不正職員の覚せい剤投与で信頼を落としている。 こうした状況で頻繁な故障は、より大きな不信と不安につながる。

さらに月城1号機は来月、設計寿命30年が終わる。 寿命延長に関して原子力安全委員会の審査を受けなければならない。 しかしすでに社会的な葛藤が深まっている。 寿命延長論と廃棄論が激しく対立しているのだ。 古里原発1号機の寿命延長をめぐる論争ですでに経験したことだ。 こうした中で故障が続けば、廃棄論が強まるしかない

原発の全般的な安全点検が強く求められる。 現在のように部品交換などの処方で済ませる時期ではない。 故障が頻発する原因を精密分析し、対策を講じる必要がある。 故障した部品だけを交換すればよいのか、原発の管理と運営システムに問題はないのかなどを点検することを要求する。 夏季の電力需給を円滑にしようと原発をフル稼働したのが問題なら、この際、維持補修期間も十分に与えるべきだ。 このために電力供給には支障が生じるかもしれない。 特に冬季の電力需要ピーク期を控えているため、当局は大きな負担になるだろう。 しかし最も優先すべきことは原発の安全性とこれに対する国民の信頼だ。

安全点検のため電力供給に支障が生じるのなら、需要を抑制する方向に進むしかない。 電気料金の引き上げ、計画停電、節電参加などが不可避であることを国民に十分に説明しなければならない。 何度もいうが、原発は絶対に無理に稼働してはいけない。 福島原発事故は今も国民の脳裏に焼き付いている。



/*もちろん当局は軽微な故障だと説明する。 これを全的に信じるとしても、故障が頻発していること自体が深刻な問題だ。*/ 

この部分はいろんな問題が見え隠れする。

韓国でも、もちろん当局は(重大事故だとしても)故障だと説明する。(当局の言う事は信じられないが)これを全的に信じるとしても、故障が頻発していること自体が深刻な問題だ。

と言う事だろう。

ただ、/*故障が頻発していること自体が深刻な問題だ。*/ の理由が、

「重大事故につながるから」ではなく、/*国民の不安感が高まるからだ。*/ と言う結論だ。

つまり、立場としては、原発を稼動させる前提だ。

思うに、日本と同様、韓国でも多くのマスコミは、米韓の政府や独占的資本のスポークスマンだ。


以前も書いた事があるが、

小さい事故の連続は、大事故の前触れともなりかねない。

韓国の原発は、日本海側の海岸に多い。(「北」から出来るだけ遠くに置きたい?)

爆発でも起こせば、汚染は、韓国は勿論、日本にも届く可能性は充分ある。

日本政府は、まず自ら、原発の即停止と即廃炉を決定し、廃炉作業に入り、韓国、世界に向けて脱原発を訴えるべきだ。







関連記事

在日米軍:オスプレイ:合意ほごに怒り:日米合同委員会合意も、騒音防止協定も::「無法者」だな

[ 2012/10/31 18:15 ] 報道・文化 普天間・在日米軍 | TB(-) | CM(0)
オスプレイ:合意ほごに怒り 北部・宜野湾(2012年10月31日 09時50分 沖タイ)
 住民の不安をよそに連日の夜間訓練を強行したオスプレイ。30日は、午後10時以降の飛行を制限するオスプレイの運用についての日米合同委員会合意も、騒音防止協定もほごにした取り決めを守らない何でもありの運用に、宜野湾や北部の住民らは怒りを募らせている

 午後10時17分と24分、宜野湾市上大謝名側から普天間飛行場に着陸するオスプレイ2機を真下から目撃した市我如古の会社員の男性(26)。「緊急着陸することになっても、夜ではその場所が探せないんじゃないか。住宅地に降りたら大変なことになる」と不安を隠さない。騒音防止協定違反には「約束を守れないのはどうか」とまゆをひそめた。

 上大謝名に住む会社員の男性(60)は「戦争でもないのに、戦争とはこういうものなのかと思いながら暮らしている。こんなことを許す日本もアメリカも、本当に民主主義国家なのか」と憤った。

 2機は伊江島補助飛行場にも飛来し、それぞれ午後9時50分、同10時まで離着陸や旋回を繰り返して集落に騒音を響かせた。

 伊江村真謝区の平安山良尚さん(51)は2機が同時に訓練する様子をプロペラ音で確認した。午後10時の“門限”までに帰還できない時間まで続いた訓練に「米軍はやりたい放題。約束はあって無いようなものだ」と怒った。

 金武町、宜野座村などのキャンプ・ハンセンや名護市のキャンプ・シュワブでも午後9時半まで着陸帯での離着陸や、集落上空での旋回を繰り返した。

 宜野座村に住む40代の男性は「子どもが寝る時間なのに、騒音がひどい」といら立ちをあらわにした。金武町のブルービーチでオスプレイが訓練する様子を見ていた男性は「日々、訓練が激しくなっている。住民を慣れさせるつもりなのかもしれないが、これが日常になるのはおかしい」と話した。


オスプレイ:制限時間超え飛行訓練(2012年10月31日 09時51分 沖タイ)
 米軍普天間飛行場に強行配備された米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイは30日、これまでで最多の5機が飛行訓練を実施し、うち2機が同飛行場の騒音防止協定で制限されている午後10時を過ぎて帰還した。配備から1カ月もたたない中で、周辺住民の生活環境を守る最低限のルールさえ破られる事態となり、同機の運用に県民の反発がさらに強まるのは必至だ。

 機体番号「03」が同日午後7時16分、「11」が同21分に同飛行場を離陸し、「11」が同10時17分、「03」が同24分に帰還。周辺に重低音を響かせた。

 金武町のブルービーチでは午後7時50分ごろから着陸帯を使った離着陸訓練を繰り返した。そのたびに宜野座村や金武町の集落を含む民間地上空をヘリモードで何度も低空飛行するのが確認された。旋回は午後9時半ごろまで続いた。

 名護市のキャンプ・シュワブには午後8時20分と午後9時15分の2度飛来。離着陸を計6回行い、その間に名護市久志や宜野座村松田の上空を飛行した。東村高江の上空も飛んだ。

 伊江島補助飛行場では2機が夜間訓練を実施。村役場によると、1機が午後9時50分に、もう1機が同10時に訓練を終え、島を離れた。

 大城勝正伊江村長は「可能であれば夜の訓練は自粛してほしい。伊江島は従来午後11時までの使用とされているので、もしそれを超えることがあれば抗議していきたい」と語った。

 県の又吉進知事公室長は同日夜、「県民の負担軽減につながるとされた1996年の日米合意(騒音防止協定)が順守されているとはいえない中でのオスプレイの夜間訓練は、負担減になっていないことを示した。極めて遺憾だ」と強調。「オスプレイへの懸念は募りこそすれ、減ることはない」と述べた。

 普天間の騒音防止協定では、午後10時~午前6時は飛行や地上での活動について「運用上の所要のために必要と考えられるものに制限される」と明記している夜間訓練飛行についても「在日米軍に与えられた任務を達成し、または飛行要員の練度を維持するために必要最小限に制限される。部隊司令官は、できる限り早く夜間の飛行を終了させるよう最大限の努力を払う」としている


オスプレイ2機、夜間飛行 騒音防止協定破る(2012年10月31日 琉球新報)
 在沖米海兵隊は30日、米軍普天間飛行場所属のMV22オスプレイ2機の夜間飛行訓練を実施した。2機は日米両政府が合意している騒音防止協定で飛行が制限されている午後10時以降に同飛行場に帰還した。沖縄配備から約1カ月で米軍が協定をほごにしたことに県内で反発が強まっている。
 海兵隊は普天間飛行場でのオスプレイ運用に関し、午後10時から午前7時の深夜~早朝の時間帯の飛行を従来より増やす方針を示しており、今後、同時間帯の運用が繰り返される見通し。
 オスプレイ2機は午後7時17分と22分に1機ずつが普天間飛行場を相次いで離陸した。同8時20分ごろから名護市久志のキャンプ・シュワブ上空で少なくとも20分間、旋回などを繰り返すのが確認された。また、伊江島補助飛行場に2機が飛来し、同10時ごろまで着陸帯で離着陸や旋回飛行を繰り返すのが確認された。北部訓練場でも夜間飛行が確認された。1機が同10時17分、別の1機が同24分に普天間飛行場に着陸した。
 同飛行場の騒音防止協定は午後10時~午前6時の飛行や地上での活動は「米国の運用上の所要のために必要と考えられるものに制限される」としている。オスプレイ運用に関する安全確保策などの日米合意でも騒音防止協定を順守することが明記されている。
 在沖米海兵隊は30日、普天間飛行場から延べ6機の飛行訓練を実施した。名護市のキャンプ・シュワブで放水訓練をする際、バケツをつり下げたまま県道71号を横断した。29日から夜間訓練が激化しており、県と宜野湾市によると、29日には普天間飛行場滑走路の南端に隣接する宜野湾市上大謝名公民館で、午後7時59分に89・7デシベルの騒音を記録した。


訓練常態化、日米合意守られず=オスプレイ配備1カ月-沖縄(2012/10/31-16:18 時事)
 米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)への配備開始から1日で1カ月。沖縄県ではオスプレイの訓練飛行が常態化し、日米が合意した飛行の安全対策も守られていない。日本本土に設定された低空飛行訓練ルートでも近く運用される。
 オスプレイは10月1日に最初の6機が普天間飛行場に到着し、6日に計12機全機の配備が完了した。
 沖縄県宜野湾市によると10月30日現在で、オスプレイは延べ16日間、普天間飛行場を離着陸した。訓練は平日に集中。本島の北部訓練場(東村など)や中部訓練場(金武町など)、伊江島補助飛行場(伊江村)を飛行するコースが常態化している
 10月23日には初めて日没後の夜間訓練が行われた。さらに伊江島補助飛行場や中部訓練場ではコンクリートブロックなどをつり下げながら飛行する訓練も実施した。今後、完全武装の兵士の降下訓練も行われるとみられる。
 配備後、県はオスプレイの運用実態を把握するため、基地がある27市町村に飛来情報の収集を要請。その結果、本島北部から南部まで幅広い地域で、日米合意で制限された住宅地上空での垂直離着陸モード(ヘリモード)の飛行が確認された。同モードは緊急着陸時の能力が問題視されている。







関連記事

在日米軍:オスプレイ:次第に訓練激化:午後10時まで飛行

[ 2012/10/31 05:07 ] 報道・文化 普天間・在日米軍 | TB(-) | CM(0)
オスプレイ:訓練 日夜激化の一途(2012年10月30日 10時39分 沖タイ)

 【北部】週が明け、一段と激しさを増したオスプレイの訓練。29日、次々に飛来する機体を目撃した北部の住民らは、「どんどんひどくなっている」と不安を募らせた。

 金武町のブルービーチ訓練場では、本島で初めてブロックをつり下げる訓練があった。ぼうぜんと眺めていた男性(53)は「家族でドライブ中に見えたので、驚いて駆け付けた。初めて見たが、機体にも音にも重圧感がある」と心配した。

 近くで釣りをしていた男性は、訓練が始まってしばらくして釣りを終えた。「ヘリが来ると大きな魚は岩陰に隠れる。オスプレイは前のヘリよりも音が大きい。全然違う」と話した。

 伊江島補助飛行場に近い真謝区に住む平安山良尚さん(51)は午後7時11分ごろ、音に気付いて飛行場に向かった。「少なくとも3回は離着陸を繰り返した」と説明。「欠陥機といわれるオスプレイが上空を飛ぶストレスは大きい。放っておけば、米軍はどんな訓練をするか分からない。時間があれば監視を続けたい」と不信感をあらわにした。

 北部訓練場内の東村高江のヘリパッドでも午後9時半ごろまで旋回訓練が続き、3日ぶりに移設工事も実施された。ヘリパッドいらない住民の会の伊佐真次さん(50)は「(移設予定の)六つのオスプレイパッドが一つも完成しない段階で、訓練がこれだけ激しい状況。完成したら大変なことになる」と憤った。

 名護市久志では、夜になってからも1時間近くオスプレイが旋回する騒音が集落に響いた。目撃した男性は「こんなことが恒常化したらたまらない」と憤った。


/*オスプレイは前のヘリよりも音が大きい。全然違う*/ 多分、ヘリモードで、急な上昇下降やローターの回転数を激しく変化させたりするとヘリよりも騒音がひどいのだろう。

オスプレイ、午後10時まで飛行(2012年10月30日 09時39分 沖タイ)

 米軍普天間飛行場に強行配備された垂直離着陸輸送機MV22オスプレイは29日、騒音防止協定で制限されている午後10時ぎりぎりまで飛ぶなど、訓練を一段と激化させた。沖縄本島で初めてとなるつり下げ飛行もあった。歯止めが全くかからない現状に、県民の反発は高まる一方だ。

 日没後の午後7時45分、機体番号「03」が離陸し、普天間に戻ったのは制限時間6分前の同9時54分だった。「07」も午後6時19分に離陸、いったん普天間に戻った後、同8時18分にまた離陸し、同9時30分に着陸した。

 夜間飛行の間、名護市辺野古の国立沖縄工業高等専門学校近くのヘリパッドで少なくとも8回離着陸した。伊江島補助飛行場、北部訓練場内の東村高江のヘリパッド、キャンプ・ハンセンでも旋回、タッチ・アンド・ゴーなどを繰り返した。

 金武町のブルービーチ訓練場では午後0時半すぎから、「07」がコンクリートのようなブロックをつり下げた物資輸送訓練を1時間ほどかけて実施。つり下げたり外したりしながら、海上旋回や離着陸を繰り返した。22、26両日の伊江島に続き、本島では初めて。

 「07」はこの日だけで普天間を4回離着陸、計7時間半飛行し、配備後の1日の飛行時間として最長になった。赤い尾翼の隊長機「00」も4時間50分飛んだ。午後3時20分ごろから約30分の時間帯は、3機のオスプレイが各地で飛行した。

 隊長機は同日午後、消火用のバケツをつり下げたまま、キャンプ・シュワブとハンセンを何度も行き来した。水をくんだ状態で旋回の半径や速度を変え、こぼれ方を確認するような動きを見せた。

 夜間飛行について、県の又吉進知事公室長は「米軍は訓練の任務を遂行することが最優先で、県民が期待する訓練の抑制が働いていない。騒音防止協定には抵触しないとはいえ、午後10時近くまで飛行することは、訓練自体が米軍の裁量に委ねられているということをあらためて示している」と指摘。「(飛行ルールを定めた)日米合意は守られず、不安におびえながら生活する住民のことを考えると、行政として、責任を感じる」と語った。



オスプレイ、最多4機が終日訓練(2012年10月26日 09時38分 沖タイ)

 米軍普天間飛行場に強行配備された垂直離着陸輸送機MV22オスプレイは25日、本島北部を中心に終日、訓練を繰り返した。これまでで最多の4機が、午前9時前から午後8時半にかけて、北部との間を9回にわたって往復した。伊江島補助飛行場では、この4機が計7回飛来。コンクリートブロックのような物をつり下げた訓練やタッチ・アンド・ゴー、離着陸は配備以降最多となり、60回を超えた。激化する訓練に、県民の反発は一層、強まりそうだ。

 在沖米軍から沖縄防衛局に入った連絡によると、25日午後、恩納村のキャンプ・ハンセン内の実弾射撃場「レンジ9」付近で山火事が発生し、消火のためCH46ヘリ1機が出動した。同日午後7時半現在、鎮火せず、日没のため消火作業は打ち切られた。

 現場を視察した村職員によるとバケツのようなものをつり下げたオスプレイ1機が、当袋(とうぶくろ)ダムと火災現場を4、5回往復した。消火作業に加わったかは不明。

 防衛局は山火事の原因を実弾射撃訓練と発表したが、詳細や焼失面積は「承知していない」とした。

 この日は、午前8時54分に機体番号「09」が普天間飛行場を離陸したのを皮切りに、「10」と赤い尾翼の隊長機「00」が相次いで北部方面に向かった。いずれの機も1時間半~2時間の訓練を複数回行った。

 23日に続き、2度目の夜間訓練も実施。25日昼に韓国の航空ショーから普天間に戻った「07」が同日午後7時5分に離陸し、伊江島やキャンプ・シュワブなどで旋回や離着陸を繰り返し、1時間半後に普天間に帰還した。



オスプレイ:島の爆音、激化の一途(2012年10月26日 09時35分 沖タイ)

 配備後最多の4機が代わる代わる訓練地を飛び回り、あらゆる飛行や運用を試すようにオスプレイが激しく動いている。訓練地近くの住民は、何度も飛来する姿に、プロペラが発する異音に神経をとがらせ、一層不安を募らせている。

 【伊江】村西側に位置する伊江島補助飛行場では午前9時すぎから午後8時すぎまで計7回の飛来があった。1日の訓練としては配備後最も多く、訓練が激しさを増した。

 低く重たい音が体に響くようなプロペラの回転音も、少なくとも計5時間半以上にわたって村内に鳴り響いた。

 飛行場に隣接し、オスプレイの離着陸や旋回する場所に近い西崎区の一部では離着陸の度に「バババババ」という音が地面に反響し、周囲の空気を振るわせた。夜間訓練では、島近くでヘリモードになるため、突如、プロペラ音が闇夜に響く状況だった

 日中、飛行場のフェンス近くで畑仕事をしていた男性(71)は「朝からずっと訓練が続くのは珍しくない。ただ、訓練が倍増すれば今まで以上にひどくなることは素人でも分かる」と警戒する。「そのうち、フェンス外も飛ぶだろうし、墜落の不安はなくならない」と低空で旋回するオスプレイを恨めしそうに眺めた。

 西崎区内で、訓練地から1・5キロほど離れた所に住む名嘉元武志さん(89)は、自宅でもプロペラ音が聞こえるといい、「フェンスの近くだと生活に支障が出る状況。沖縄や伊江島はいつまで基地の犠牲にならないといけないのか」と憤った。

 2人の幼子を抱える西崎区の女性(34)はこの日、飛来したオスプレイの音とトラックの音が重なり、今までにない音に驚いた。「事故の不安があり、最近、音に敏感になってきた」という。子どもから「何で危険と言われてるのに飛んでくるの」と聞かれ、言葉に詰まることもある。

 「夜間・深夜の訓練もこれからは激しさを増す。子どもたちにはこの環境が当たり前とは思ってほしくない」と話し、訓練がなくなることを願った。









関連記事

3.11:脱&反原発運動:10.26首相官邸前をメインとする霞ヶ関一帯 以外の抗議 メモ3

[ 2012/10/30 19:22 ] 報道・文化 3.11 | TB(-) | CM(0)
例によって、1週間以内で、随時追加。

鹿児島:『脱原発・再稼働反対』フライデーナイトアピール 奄美市・九電奄美営業所前

原発再稼働反対フライデーナイトアピールIN奄美15th
利昭 碩 さんが 2012/10/26 に公開
全国で行われています原発再稼働反対フライデーナイトアピール
奄美大島でも毎週金曜(九州電力名瀬営業所前)
今回で15回目
未来の宝子供のために我々大人が最低限の責任をはたします。

おひさー。やっててよかった。ってカンジかな。


広島:広島2人デモ

第19回 広島2人デモ 10月26日 報告

本日は5人でした。

親子で参加ですか、イイですなあ。

/*
お互いエールを送り合いながらデモがすれ違う。素敵な事です。
もっともっとデモが増えて、あちこちですれ違いながら「お疲れ様です」「お互い頑張りましょう」と言えるようになったらと思います。
同じ目的でも主張の角度や立場が違うのですから
色んなデモがあっていいはずなのです。
*/

賛成。

色んな立場、階層、職業から同じ目的に向かえば、ベクトルは違うのは当たり前。

だから、特に最初は、ムリにベクトルを合わせず行くべきで、

みんなが目的に近づけば近づくほど、自然に、だんだんと、内容とかスタイルとかも近づいて行くもんだろうと思う。

単なる「思考」と違って、運動の特性はそこだろうと思う。

まあ、途中の試行錯誤は付きものだろうけど。

/*
来週も懲りずに歩いて参ります。
来週は11月2日、第20回目になります。
宜しければご一緒に歩いてください。
*/

だそうだ。


////

金曜抗議ではないのだが、久しぶりのエネパレのパレードをログ。

東京:10.28エネパレ ハロウィンパレード!原発やめなきゃいたずらしちゃうぞ~ 自分が変われば社会が変わる

エネルギーシフトパレードHP

10.28エネパレ ハロウィンパレード!の報告記事

エネパレ オフィシャル録画


IWJ録画:【東京】10.28エネパレ ハロウィンパレード!原発やめなきゃいたずらしちゃうぞ~ 自分が変われば社会が変わる
 2012年10月28日(日)、東京・渋谷区の代々木公園で開催中の「アースガーデン“秋”」において「10.28エネパレ ハロウィンパレード!原発やめなきゃいたずらしちゃうぞ~ 自分が変われば社会が変わる」として渋谷までパレードが行われた。

■内容(予定)
 13:00 パレードアピールトーク開始(集会)
 13:30ごろ パレード 代々木公園ケヤキ並木方面 → 渋谷 → 代々木公園
 ステージ帰着 みんなでドラムセッション&アピール
 16:00 フライングダッチマン・ライブ
■詳細 http://www.enepare.org/post/33844528240/20121028parade

IWJ録画
IWJ録画

開始前雨模様だったようだが、始まる前には上がってよかった。

雨は楽器とか大変だろうし。今回は、仮装の衣装とかもね。

始まってみると、結構参加者も多いし、やはり、いいね。

沿道のカンジもいい。場所によっては5人に1人くらいは写メ撮ってるし。w

最後尾の子どもがかわいい。w







関連記事

気になって「投票率 過去最低」でググったら、こんな記事があった。

[ 2012/10/30 19:06 ] 報道・文化 | TB(-) | CM(0)
阪南市長に福山氏が再選 〈28日の市長選〉(2012年10月28日22時59分 朝日)

 ◇薩摩川内市(鹿児島県)

 岩切秀雄氏(70)=無現、民・自・公・国推薦、再選。共産党地区委員長の山口陽規氏(59)=無新、共推薦=を破る。投票率は70.31%。

 ◇白石市(宮城県)

 風間康静氏(51)=無現、3選。前市議の沼倉昭仁氏(43)=無新=を破る。投票率は58.91%で過去最低

 ◇つくば市(茨城県)

 市原健一氏(61)=無現、自・公・み推薦、3選。前市議の五十嵐立青氏(34)=無新=、元県議の桜井よう子氏(70)=無新=、前県議の山中たい子氏(61)=無新、共推薦=を破る。投票率は54.54%で過去最低

 ◇沼津市(静岡県)

 栗原裕康氏(63)=無現、民・自・公推薦、再選。元商社役員の中山康之氏(67)=無新=を破る。投票率は36.21%。

 ◇酒田市(山形県)

 本間正巳氏(65)=無新、自推薦、前副市長、初当選。前衆院議員の和嶋未希氏(40)=無新=を破る。投票率は59.32%で過去最低

 ◇砺波市(富山県)

 夏野修氏(57)=無新、民・自・公推薦、前県局長、初当選。前市議の堀田信一氏(63)=無新=、家具製造業の宝田実氏(51)=無新=を破る。投票率は65.93%。

 ◇七尾市(石川県)

 不嶋豊和氏(63)=無新、前副市長、初当選。大東文化大院教授の西川栄紀氏(68)=無新=、JA能登わかば理事の坂井助光氏(64)=無新=を破る。投票率は過去最低の61.63%。

 ◇光市(山口県)

 市川熙(いちかわ・ひろし)氏(65)=無現、再選。元市議の河村龍男氏(60)=無新=を破る。投票率は66.70%。

 ◇阪南市(大阪府)

 福山敏博氏(62)=無現、再選。元市副議長の白石誠治氏(45)=無新=を破る。投票率は41.81%で過去最低


ちなみに、1番最初の、薩摩川内市長選も、

薩摩川内市長(鹿児島)に再稼働容認の岩切氏が再選(2012.10.29 00:46 産経) 

 九州電力川内原発の再稼働が争点となった鹿児島県薩摩川内市の市長選が28日投開票され、再稼働容認派で無所属現職の岩切秀雄氏(70)=民主、自民、公明、国民新推薦=が、再稼働拒否を訴えた無所属新人の共産党地区委員長山口陽規氏(59)=共産推薦=を破り、再選を果たした。

 任期満了に伴う市長選は、衆院鹿児島3区補欠選挙、市議選とトリプル選となった。(修正前:投票率は70・30%で過去最低。)投票率は70・31%で過去最低

 岩切氏は「国が責任を持ち、安全な原発は再稼働させるべきだ」と指摘。観光産業育成などによる雇用の確保も主張した。

 一方の山口氏は「再稼働を許さず、原発に依存しない市政を実現する」と、原発廃炉に向けた手続きを進めていくと強調。反原発団体の支持を受けたが、及ばなかった。

 ▽薩摩川内市長選開票結果

当 44816岩切 秀雄 無現

   9978山口 陽規 無新

         (選管最終)



ということだ。すごくね?

俺的な妄想によれば、ま、何度も言うようだが、

(俺的な、小さな声は、繰り返し繰り返し何度も何度も言って、なんぼだからね。)

これは、いわゆる「政治離れ」が、どんどん進んでいる状況だが、

一方では、脱&反原発運動が全国的に拡大している。

つまり、単に、「政治に無関心」なのではない。


これは「資本主義的な議会制(間接)民主主義的システムによる政治」への否定であり、同時に、

直接民主主義的システムを要求していることを示している。

また、それは、幾つかの国における原発国民投票の成立に見られるように、世界的な傾向である。

時代が、直接民主主義的システムを要求している。

と思う。






関連記事

3.11:志賀原発関連:石川県七尾市長選 ::こちらも投票率過去最低

[ 2012/10/30 18:09 ] 報道・文化 3.11 | TB(-) | CM(0)
選挙:七尾市長選 志賀原発「安全協定締結すべき」 初当選の不嶋氏が方針表明 /石川(毎日新聞 2012年10月30日 地方版)

 28日に投開票された七尾市長選で初当選し、新市長となる前副市長の不嶋豊和氏(63)は29日、北陸電力志賀原発を巡り、県や志賀町と同社が結ぶ安全協定と同様の協定を七尾市などが求めてきた問題で、毎日新聞の取材に「市民の安全・安心を守るという観点から、協定を締結すべきだ」と答えた。締結を求めてきた武元文平・現市長の姿勢を継承する方針を示した。

 また、原子力規制委員会が公表した放射性物質の拡散図で七尾市の半分が国際原子力機関(IAEA)の避難基準に該当したことを受け「具体的な避難や防災の指針を早期に示してほしい」と注文した。

 28日の市長選では、不嶋氏の陣営に午後10時ごろに当確の知らせが入り、同市内の選挙事務所で支持者らとバンザイを繰り返した。不嶋氏は「北陸新幹線金沢開業や能登有料道路無料化で、(任期の)4年間は七尾にとって大事な時間になる」とし、さらに「七尾を元気にし、人が訪れたくなるような街にする」と語った。

 市長選の投票率は61・63%と、前回選の71・30%を大幅に下回った。合併前の旧七尾市の時代を含めて最低だった97年の63・17%をも下回り、過去最低となった

==============

 ◆開票結果

 ◇七尾市長選=選管最終発表
当 16763 不嶋豊和 63 無新

   6201 西川栄紀 68 無新

   6098 坂井助光 64 無新



最近の首長選挙で、投票率過去最低が目立つ。→My資料

石川県七尾市は志賀原発に最も近い市のようだ。







関連記事

ふたことみこと:投票率軒並みダウン、「政治離れ」進む

[ 2012/10/30 12:00 ] 徒然 ふたことみこと | TB(-) | CM(0)

最近の選挙の投票率。

報道から、引いてくると。

新潟知事選、/*投票率は43・95%(前回46・49%)で過去最低を更新した。*/

/*富山県知事選挙の投票率は38.66%で、前回(平成20年)を2.78ポイント下回りました。*/

岡山知事選は、/*投票率は38・64%(前回43・78%)。*/


薩摩川内市長選、/*投票率は70・31%で過去最低。*/

衆院鹿児島3区補選、/*投票率は56・60%で、前回の2009年衆院選(72・95%)を16・35ポイント下回った。*/



俺的な妄想によれば、

いわゆる「政治離れ」が進んでいるわけだが、

そもそも「政治離れ」は、だいぶ以前、自民党時代から進んでいる傾向だ。

民主の登場で一時期盛り返したが、化けの皮がはがれた格好で、元に戻った、あるいはもっと、過去最低を記録するなど、「政治離れ」が進んだ。

ということだと思う。

実は、俺的には、この「政治離れ」こそが、「むら」あるいはその上が、最も怖れていることだろうと思う。


一方、脱&反原発運動は、全国的な拡大を見せている。


原発に関する政治的な関心は低くない。

これは、「資本主義的な議会制(間接)民主主義的システムによる政治」への否定であり、

同時に、直接民主主義的システムへの要求が拡大しているのだと思う。

また、これは世界的な傾向だと思う。









関連記事

3.11:福島:福島・須賀川のコメ出荷停止解除

[ 2012/10/30 03:08 ] 報道・文化 3.11 | TB(-) | CM(0)
ちょっとシステム的に判りにくかったので、逆時系列ログしてみた。

福島・須賀川のコメ出荷停止解除 セシウム検査態勢整い(2012年10月29日20時14分 朝日)

 政府は29日、国の基準を超える放射性セシウムが検出されたため福島県須賀川市旧西袋(にしふくろ)村地区のコメについて指示していた出荷停止を解除した。地区内に保管されているコメの全量を把握したうえで全袋を検査する管理態勢が整ったため。

 県独自の全袋検査で基準超えが見つかり、25日に出荷停止を県に指示していた。今後は過去に高い値が出た地区と同様、より厳格な管理をすることになる。



基準超え地域のコメを出荷停止指示 今年度産では初(2012年10月25日21時30分 朝日)

 政府は25日、国の基準(1キロあたり100ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたとして、福島県須賀川市の旧西袋(にしふくろ)村地区で今年度収穫されたコメの出荷停止を県知事に指示した。今年度産の検査での出荷停止指示は初めて。

 基準値を超える同110ベクレルのコメは24日、県が独自に行っている全袋検査で見つかった。今後は過去に高い値が出た地区と同様の管理になりこの地域の農家で保管されている全量を把握するなど厳格な全袋検査計画を作れば、出荷を再開できる



福島産コメから基準値超えセシウム 県、出荷自粛要請(2012年10月24日19時2分 朝日)

 福島県は24日、同県須賀川市の旧西袋村地区の農家が生産したコメ1袋から、国の基準値(1キロあたり100ベクレル)を超える同110ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。県は同地区のコメの出荷自粛を要請した。福島県で今年とれたコメで基準値を超えたのは初めて。

 県による全袋検査で、この農家が生産した320袋のうち1袋だけが高めの放射線量を示した。県は「土壌や肥料、栽培方法などを調査し、原因を探る」としている。


/*土壌や肥料、栽培方法などを調査し、原因を探る*/ 件はどうなったんだ?

福島原発事故:須賀川市のコメ 出荷停止を解除(毎日新聞 2012年10月29日 21時35分)

 政府は29日、出荷停止を指示していた福島県須賀川市の旧西袋(にしふくろ)村で収穫された今年度産米について、全袋検査で放射性セシウムが国の新基準値(1キロ当たり100ベクレル)を下回ることを条件に、停止を解除した。

 24日に旧西袋村のコメ1袋から同110ベクレルが検出され、25日から出荷停止となっていた。県が29日に管理計画を提出し、解除が認められた。

 県によると、新基準値超えのコメを出荷した農家では、稲の天日干しをしていたほか、放射性物質の吸収を抑制するカリウム肥料を使っておらず、これが原因とみられる。今週にも土壌調査などを行い、詳しく調べる方針。


/*新基準値超えのコメを出荷した農家では、稲の天日干しをしていたほか、放射性物質の吸収を抑制するカリウム肥料を使っておらず、これが原因とみられる*/ ってことらしい。真偽はともかく。






関連記事

3.11:「むら」の動き:もんじゅ文科省部会初会合 「発電技術残す」多数::いやいや、世論は「不要」が多数

[ 2012/10/30 02:28 ] 報道・文化 3.11 | TB(-) | CM(0)
もんじゅ文科省部会初会合 「発電技術残す」多数(2012年10月29日 東京新聞)

 高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)の今後の研究計画を検討する文部科学省の作業部会の初会合が二十九日、開かれた。委員からは「発電能力はもんじゅの当初の目標であり、それができるかを見極める必要がある」など、発電する原子炉としての研究を維持すべきだとする意見が大勢を占めた。

 作業部会は、年末までに中間報告をまとめ、来年夏までに研究計画を決める。

 今回の検討は、九月に決まった政府の新エネルギー戦略を受けたもの。もんじゅは高速増殖炉の研究成果をまとめた上で、今後は年限を区切り、放射性物質の量や有害度を減らす燃焼炉の研究炉として活用するよう転換する方針を掲げた。

 作業部会は原子力工学や科学コミュニケーションなどの専門家九人で構成するが、脱原発派の委員はいない。この日の議論は、発電する原子炉としての当初のもんじゅの役割に固執する意見が多く、新戦略が期待している核のごみを減らす燃焼炉への転換からは外れた流れになった。この日は、燃焼炉への転換や研究期間をどうするかなどは本格的な議論に入らず次回以降に検討することになった。


/*発電する原子炉としての研究を維持すべきだとする意見が大勢*/ そりゃ「むら」の仲間内だけの話だろ。

国民世論は、原発も「もんじゅ」も要らない、が多数。





関連記事
正誤表
こちらのブログは基本的に更新しない予定なので、気がついた訂正とかはここにまとめるZ。
志賀原発2号機(石川県志賀町) (ABWR) 2014年8月13日

再稼働申請日、日付訂正:12日が正解のようだ。
お知らせ
2015年からメインのブログを
徒然の弐
に変更。

このブログはこのまま残す予定。

たまに、更新も有るかも。
原発ゼロ カウント停止


2013年9月15日を1日目とするプログラムなので、例えば、翌年2014年9月15日は「366日目」となります。----発表では、2013年9月15日の23時に出力ゼロ、翌16日01時33分に完全停止だったと思う。
くろねこ時計
プロフィール
プロフィール画像5

『徒然』へようこそ!

有る事無い事、徒然なるままに
妄想して書いております。

言っとくけど
別に、特に運動のために書いてねーし、普通に、色々書いとるだけだあよ。

そしたら、こうなっただけで、
そんなに深く考えてねーよ。
テキトーにね、ま、フツーに
書いているだけ。

::ごく最近のテーマ::
こうなったら、
安倍内閣打倒!とかどーよ?

::ワリと長いテーマ::
こうなったら、
直接民主主義とかどーよ?

全原発即時廃炉。原発輸出禁止。核燃サイクルも中止が正解。分社化なしの東電完全破綻処理・完全国営化希望。TPP反対。オスプレイ反対。消費増税反対。生活保護・福祉の切り捨て反対。NSC・特定秘密保護法反対。憲法改悪反対。戦争反対。。とにかく、安倍内閣は早く辞めてくれ~~。てか、早く辞めろ~~。<(`^´)> 
お知らせ
処理軽減のため一部限定公開にしまスた。
カテゴリー:「妄想」と「映画・音楽・エンタ」

「妄想」は加筆や編集が多い(俺的な事情)。
「映画・音楽・エンタ」は表示時間がかかる(システム的な事情)。

簡単なぱすわーどで開きます。
みんなが言いたい「XXやめろ
(NEW)ごく最近のテーマとして『安倍内閣打倒』を挙げる事にしまスた。理由としては、今は、とりあえず、コレを言わにゃあ、つーこんで。(^^)v  最近、情勢の変化により、妄想がきつくなってきたようで、思い切り妄想するために「妄想」ジャンルを一部を限定公開としまスた。あしからず。 最近、勘違いされている気配が有るのですが、首都圏反原発連合のスタッフでは有りません。 最近「原子力むら」と書くのが面倒で、鍵括弧付で「むら」と書くようになりまスた。 最近「むら」を「原子力マフィア」と解釈する場合もアリとしまスた。ていうか、ほぼこっち。 最近、政財官界の支配層(1%)と書くのが面倒で、たまに、単に(1%)と書くようになりまスた。 長い間、「東京電力福島第一原発」のブログ内短縮表記をどうするか決めかねていたのだけど。とりあえず「フク1」にしまスた。関係者なら「1F」みたいだけど、検索のときとか建物の1階と紛らわしそうだし。。 
チラシ(フライヤー)コーナー
---------
ブログ主が直接関わっている訳では有りませんが
---------

30年ほど前のポスターらしい ポスター
カレンダー
カテゴリー&アーカイブ
 
最新履歴


告知・転載: 0311反原発!国会前大集会+首相官邸前抗議 (02/08)


告知・転載: 3.11 原発ゼロNAGOYA ACTION (02/08)


告知・転載:口蹄疫メモリアルイベント 水平線の花火と音楽FINAL 2016年10月16日 ::10月10日更新 (10/10)


告知・転載:安倍政権NO! ☆ 0618新宿大街宣:SMASH FASCISM! ABE OUT!:民主主義・立憲主義を取り戻せ!安倍政権打倒!:(賛同団体募集中) (05/21)


告知・転載:T-nsSOWL 金曜日国会前抗議 4/29(金)19:00より (04/23)


LOUD MACHINE 5月1日 新宿 KAPPUNK (04/23)


告知・転載:0325保育士アクション 国会前 午後8時から :脱原発金曜行動の後に。。 (03/22)


告知・転載:0311再稼働反対!首相官邸前抗議 (拡大版) (03/11)


戦争反対運動:告知・転載:0221全国一斉高校生デモ:T-nsSOWL (02/17)


告知・転載:安倍政権NO!☆0214大行進in渋谷 (01/25)


告知・転載:【高浜原発再稼働反対!0114関西電力東京支社前抗議】:首都圏反原発連合 (01/12)


告知・転載:安保法制に反対する高校生東京大阪ダブルデモ2015FINAL (12/18)


告知・転載:【KEEP CALM AND NO WAR 1206戦争反対★銀座大行進―安保関連法の廃止を求める学生・学者・市民の共同行動】 (12/05)


告知・転載:【KEEP CALM AND NO NUKES 反原発★1205 銀座大行進】:12月5日(土) (11/25)


脱&反原発運動:首都圏反原発連合:「伊方原発再稼働やめろ!キャンペーン」チラシの裏:第2版(2015.11.27改訂版) (11/25)


告知・転載:東京大行進2015 -Tokyo Democracy March:11月22日: (11/21)


告知・転載:11月1日:「Stop伊方原発再稼働!11・1全国集会in松山」 (10/23)


告知・転載:口蹄疫メモリアルイベント 水平線の花火と音楽6 10月18日 (10/16)


告知・転載: 10月15日 川内原発2号炉再稼働反対! 官邸前 九電東京支社前 (10/15)


告知・転載:安倍政権NO!☆1002大行進:: #IamNotABE (09/26)


告知・転載:さようなら原発 さようなら戦争 全国集会 in 代々木 (09/23)


脱&反原発運動:告知 転載:★KEEP CALM AND NO NUKES! 0922 反原発★首相官邸前・国会前大抗議 (09/17)


告知・転載:9月14日~ 戦争法案廃案!国会正門前大集会 (09/12)


戦争法案廃案!安倍政権退陣!:8月30日 総がかり行動実行委員会呼びかけ 全国一斉行動 (08/26)


戦争法案反対:8月23日 シールズ 全国一斉デモ::みたいな。。。 (08/17)


脱&反原発運動:告知 転載:★川内原発再稼動反対! 0813九州電力東京支社前大抗議 (08/11)


脱&反原発運動:告知 転載::★超緊急!0811 川内原発再稼働反対 首相官邸前抗議:首都圏反原発連合 (08/08)


告知・転載:8月2日 戦争法案に反対する高校生渋谷デモ (07/28)


告知・転載:7月24日 安倍政権NO!☆ 0724 首相官邸包囲 - 民主主義を取り戻せ!戦争させるな!::Vol 4 (07/21)


脱&反原発運動:告知 転載:川内原発再稼働反対! 0707九州電力東京支社前抗議 (07/03)


戦争反対:告知・転載:6.26札幌デモ - 戦争したくなくてふるえる。 (06/26)


戦争反対:告知・転載:SEALDs 6.27 渋谷: (06/25)


戦争立法反対運動:6月14日 渋谷: (06/10)


憲法改悪キャンペーン:アベ自民は6月7日に「改憲マンガ」とか作ってキャンペーンを始めるらしい。::注意事項もよく読んでね (06/08)


戦争反対運動:戦争反対・集団的自衛権反対・安倍晋三内閣打倒 プラカード集::vol.n+14 (05/14)


脱&反原発運動:告知 転載:5・6脱原発久里浜パレード (05/04)


告知・転載:5.3憲法集会:「平和といのちと人権を! 戦争・原発・貧困・差別を許さない」 (04/28)


「安倍政権NO!☆0322大行動」:告知 転載:3月22日(日) 13:00- 日比谷野音: #IamNotABE #NoWarNoAbe (03/15)


脱&反原発運動:告知・転載:3/15(日) 名古屋:3.15 NO NUKES!DEMO 原発ゼロを永遠に!NAGOYA ACTION (03/13)


3.11:デモ・抗議情報 転載:3月11日分のみ (03/10)


脱&反原発運動:告知 転載:東京 0308 NO NUKES DAY  公式プラカード&プログラム (03/04)


脱&反原発運動:告知・転載:3/1(日) 反原発ライブ!::東京の 0308 NO NUKES DAY のプレイベントらしい (02/24)


脱&反原発運動:告知 転載:NO NUKES WEEK 2015 ポスター:東京 名古屋 京都 (02/16)


告知 転載:「安倍政権NO!☆0322大行動」 (02/16)


3.11:脱&反原発運動:02.13 金曜抗議 前メモ (02/13)


戦争反対運動:告知・転載:「戦争反対」「安倍はやめろ」の声:: #IamNotABE (02/13)


IS事件関連:プラカード (02/08)


IS事件:2/8(日)17時から、東京と大阪にて、湯川遥菜さん、後藤健二さんの追悼集会 (02/03)


IS人質事件:自民・民主・超党派の和装振興議員連盟:「テロに抗議」と称して「晴れ着」で撮影::人質一人が殺害されたかもと言うのに「喪服」じゃないの?便乗宣伝か?とネットで話題 (01/27)


3.11:脱&反原発運動:01.23 金曜抗議 前メモ (01/22)


総記事数:
リンク
検索フォーム
QRコード
QR